日本に入国・在留をご希望の外国人の方へ

 

 日本に入国・在留をご希望の外国人の方は、原則として申請人としてご自身またはその代理人等が日本の入国管理局に出向き申請手続きをしなければなりません。在留資格の変更や期間の更新についても同様です。

 申請取次行政書士は、申請人やその代理人(親族)、招へい機関(会社)などに代わって、申請書を地方入国管理局に提出することが認められています。
 当事務所代表行政書士は、法務省大阪入国管理局長より、「在留審査関係申請」及び「在留資格認定証明書交付申請」の「申請取次者」の承認を受けています。

   

 

  「海外から外国人を日本に呼び寄せたい」

 

 「留学生の就職が決まったので就労ビザに変更したい」
 

 「外国人労働者を雇用したい」
 

 「国際結婚の手続き方法と日本人配偶者ビザの申請方 

   法を知りたい」
 

 「日本人の配偶者と離婚したがこのまま日本に定住した

   い」
 

 「日本での生活が長くなったので永住ビザを取りたい」
 

 「帰化をして日本国籍を取得したい」
 

 「オーバースティになっているが在留特別許可の申し出

   をしたい」
 

 「起業して日本で会社を作りたい」

 

という方は、当事務所にお任せ下さい。

 

 

 

☆ 在留資格認定証明書交付申請
application for certificate of eligibility

 

☆ 在留資格取得許可申請
application for permission to acquire atate of residence

 

☆ 在留資格変更許可申請
application for change of status of residence

 

☆ 在留期間更新許可申請
application for extension of period of stay

 

☆ 再入国許可申請  ( 1回 ・数次 )
application for re-entry permit ( single ・multiple )

 

☆ 就労資格証明書交付申請 ( 現職・転職 )
application for certificate of authorized employment

 

☆ 資格外活動許可申請
application for permission to engage in activity other than that permitted under

the status of residence previousy granted

 

☆ 短期滞在
temporary visitor

 

☆ 永住許可申請
application for permanent residence

 

☆ 在留特別許可
special permission for residence  

 

☆ 上陸特別許可
special permission for landing

 

☆ 帰化許可申請
application for naturalization

 

☆ 相談
administrative scrivener consultation

 

電話でのお問い合わせ

(10時~20時まで対応)

06-7161-0102 

 

メールでのお問い合わせ

24時間対応)

  noguchi@noguchi-office.info

プラシーボ効果
離婚相談